いつもありがとうございます♡

エマ・ワトソン主演のディズニー実写映画『美女と野獣』を観てきました!
今日はその感想をご紹介します。
観に行こうか迷っているあなたの参考になったらうれしいです(^^)

スポンサーリンク

ミュージカル的な演出がすばらしい!

今作はいたるところにミュージカル的な演出が入っていて、ストーリーを盛り上げてくれます!

エマ・ワトソンが歌う姿に、ずいぶん前にハリー・ポッターを観たわたしは「大人になったなぁ」と感慨深かったです。

ストーリーのポイントを歌で表現してくれるので分かりやすく、どんどん引き込まれていきます。

キャラクターが魅力的でかわいい!

『美女と野獣』に登場する家臣のキャラクターがとってもかわいい!

わたしのお気に入りは、燭台(ろうそく台)に変えられたルミエール。
後で知ったのですが、ルミエールの声はユアン・マクレガーだそうです。

ユアン・マクレガーといえば『トレインスポッティング』や『スター・ウォーズ エピソード1』のオビ=ワン役で有名ですよね。
めっちゃ豪華!

その他たくさんの魅力的なキャラクターが出てくるのでお楽しみに!

ハッピーエンドのストーリー

ベルと野獣が出会ったころは「この2人、ほんとに結ばれるの?」と心配になりました。

そして物語が進むにつれて「呪いが解けてほしい!」と強く感じるようになりました。

それは、野獣の家臣たちがとってもいい人たちで、みんなが幸せになることを願っていたからだと思います。

そして最後、野獣はベルと結ばれ、家臣の呪いも解けて人間に戻り、ハッピーエンドで終わります。

ディズニーらしいラブストーリーを期待しているあなたなら、ぜったい「観てよかった!」と感じるはず。

「分かりやすさ」に徹した演出

小さいことですが、わたしが「いいな〜!」と思ったのがエンドロール。

今作では野獣の家臣について、元々の人間の姿と、呪いで姿を変えていた姿をオーバーラップして紹介していたんです。

映画を観てきたわたしは「呪いが解けて、ほんとうの姿に戻れてよかった!」と感じました。

エンドロールといえは、キャストの名前が流れるだけのものがほとんど。

そんな中、すみずみまで分かりやすい演出をしている制作者の親切心というか、心遣いを感じました。

観に行かれたら、ぜひエンドロールまでチェックしてみてください!

まとめ

今日はエマ・ワトソン主演映画『美女と野獣』の感想をご紹介しました、いかがでしたでしょうか。

ディズニーやラブストーリーが好きなら、まずまちがいなし!
めっちゃおすすめの映画です。

映像、演出、キャスト(キャラクター)すべての完成度が高いので、初見の方も後悔しないはず。

ぜひ映画館でチェックしてみてくださいね(^^)

最後まで読んでいただき本当にありがとうございます♡

スポンサーリンク

Author