いつもありがとうございます♡

このあいだ攻殻機動隊の実写映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』を観てきました!
今日はその感想をご紹介します。

スポンサーリンク

キャスティングについて

まず主人公・少佐役のスカーレット・ヨハンソンがとにかくめっちゃカッコいい!
彼女のファンはもちろん、初見の方もスカヨハの魅力に引き込まれてしまうと思います。

そして少佐の上司、荒巻役の北野武さん。
個人的には、やはりテレビの印象があるので(笑)完全にニュートラルな見方はできませんでしたが、わたしはよかったと思います。
独特の味があって、とくにバイオレンスシーンは凄みがありました。

原作ファンのツボを心得たつくり

今作では1995年に公開された押井守監督の『GHOST IN THE SHELL』を想起させるシーンがいくつも出てきます。

たとえば、水辺の戦闘シーンや、海に潜るシーン、ラストの対話シーンなどなど。

カメラアングルやカット割りもかなり再現されていて、攻殻ファンは思わずニヤリとすることまちがいなし。
わたしは多脚戦車との戦闘シーンに心が高まりました!

原作からの改変について

漫画の実写化では「なんでそこ変えちゃうの!」っていうこともありますよね。

今作でも主人公の設定が少し変わっています。
ただ、攻殻機動隊の世界観を壊すものではないので、わたしはアリだと思いました。

監督は攻殻機動隊の大ファンだそうで、変更点にはそれなりの意図があるはずです。
そのまま実写化しても、おそらく今までの作品は超えられないので、いろいろ考えた上でのことだと思います。

原作ファンとしては「アナザーストーリー」的に楽しむのがいいのではないでしょうか。

アクションシーンについて

アクションシーンも、とてもカッコよかったです!
ただ、マトリックスや、それ以降のSFアクションを観てきたかたには、控えめに感じるかもしれません。

1995年の『GHOST IN THE SHELL』を意識しているので、このあたりは仕方ないところもあります。

印象に残ったシーン

わたしが印象に残ったのは、少佐が芸者ロボットのゴーストにダイブするシーンです。

静止した記憶の残像の中を進んでいくのですが「他人のゴーストに入っていくと、きっとこういう風に見えるのかなぁ」と感じました。

あとがき

今日は攻殻機動隊の実写映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』の感想をご紹介しました。

攻殻ファンはもう観られたかたが多いと思いますが、初見でも、バイオハザードなんかが好きな女の子にはオススメです!

余談ですが、わたしもバイオの大ファンで、
「あー、バイオハザードも終わっちゃったなぁ」
と感じていたときに、久々に女性主人公のアクション映画が観れてうれしかったです!

もし興味があれば、ぜひ観てみてくださいね!
それでは、また(^^)

最後まで読んでいただき本当にありがとうございます♡

スポンサーリンク

Author