いつもありがとうございます!

ポップティーンの枠を超えて活躍中の「まあぴぴ」松本愛ちゃん。
“ポップティーンが私の人生を変えた”と語る彼女の素顔は?
最新号よりインタビューをご紹介します♪

スポンサーリンク

今年4回も表紙を飾って、いますごく充実してるんじゃない?

「そう!
ポップティーンに入ったばっかりのころは、
もう出られただけで目標達成のイキオイだったから(笑)
まさか自分が表紙になれるなんて。

松本愛 まあぴぴ

中学生のときからポップティーンに出たい願望はあったけど、めがねっコでスカートも長くてホント地味だった。
こんな自分が、そんな大それた夢をと。
とても恥ずかしくて言えなかった。

高校生になって勇気を出して応募してみたら夢がかなった。

松本愛 まあぴぴ

ポップティーンはいろんなことが体験できて、めっちゃ楽しい♪

ファッション撮影もあれば、バンジージャンプしたこともあるし(笑)」

ほかにはどんなお仕事しているの?

まえから憧れてた商品プロデュースがいくつか始まってて、ものづくりってホントおもしろい♪
自分の考えたものが世に出て、使ってくれたコたちから反応が返ってきたら絶対うれしいよね。

あとは最近、女優業にも挑戦し始めたの。
初めてのオーディションも貴重な経験だった。
同世代のコたちとのグループ演技に刺激を受けたし。

松本愛 まあぴぴ

いままで演技に興味なかったから、知らない世界だったけど、
ちょっとだけ触れてみて、ああ、すごく楽しいって思った♪」

やりたいことがいっぱいだね!

「なんでもチャレンジしたい!
やってみて合えば続けたいし、ダメでも何か吸収できればなと。

でも、将来が定まらないことが悩みでもある。
1本にしぼりたいわけじゃないけど、オトナになったときに自分の核になるものを持ちたい。

例えばお姉さん雑誌の専属モデルとか、
ドラマ出演できるぐらいの女優さんになるとか」

松本愛 まあぴぴ

そんな、まあぴぴのいまの核は?

私のいまの核はポップティーン。もうPOPがすべて。
運動ができるわけじゃないし、勉強もがんばったわけでもない。
なんの取り柄もなかった私が居場所を見つけて変われたの。

巻き髪もできなかったのにいまは自前メイクのページまでできて、
応援してくれるコたちがいて自信もついた。

ポップティーンがなかったら、私の人生つまんなかっただろうなって思うの。

けど、先輩がどんどん卒業してっちゃうなか、いつかは自分も…って考えると不安とあせりが…」

松本愛 まあぴぴ

えっ、まあぴぴ卒業宣言!?

「いや、まだまだいるけど(笑)ずっと出られるわけじゃないし。
ポップティーンに出られなくなるのがいちばん怖い。

長くて2、3年と思うと貴重な時間だから大事にしなきゃって。
いろんな経験をして吸収して自分に貯金して。

ポップティーンに変わる何かを見つけるための準備をしていかないと

松本愛(まあぴぴ)インタビュー後編へ続く♡

最後まで読んでいただき本当にありがとうございます!

スポンサーリンク

girlslovin
Author