いつもありがとうございます!

このあいだ愛媛・松山の道後温泉に行ってきました。
今回はその旅の記録をご紹介します。

行こうと思ったきっかけは、西日本豪雨。
観光客が減った道後温泉の方が、テレビで「ぜひ観光に来てください」と呼びかけていたからです。

これから道後温泉に行かれる方の参考になったらうれしいです。

スポンサーリンク

JR松山駅から道後温泉への行き方

道後温泉へは路面電車で行きます。

まず、JR松山駅を出て左手に地下道があるので降りましょう。
地下道をしばらく歩くと、右側に「道後温泉行き」の電車乗り場への階段があるので登ります。

道後温泉への電車は10分おきに運行していて、ほどなく電車に乗れます。
松山市内を眺めながら、20分くらいで道後温泉に到着します。

道後温泉駅に到着!

道後温泉駅

道後温泉駅は白色のレトロな外観でかわいい!

駅の前には坊っちゃん列車がありました。
坊っちゃん列車

こちらは駅前の放生園(ほうじょうえん)にある「坊っちゃんカラクリ時計」です。
坊っちゃんカラクリ時計

その横には足湯があり、自由に入ることができます。
道後温泉・放生園の足湯

わたしも入ってみましたが、温度はけっこう高く、すぐに足がポカポカになりました。

道後温泉・本館へ

商店街を抜けて、道後温泉の本館へ。
道後温泉

周りを歩いてみると、歴史ある建物の趣を感じました。

道後温泉

道後温泉

道後温泉はいくつかプランがあります。
くわしくは公式サイトをごらんください。
道後温泉本館 | 外湯紹介 | 【公式サイト】道後温泉

わたしは「霊(たま)の湯・三階個室」を選びました。

お部屋に入ると、落ち着いた雰囲気の和室。

道後温泉

霊の湯で入浴

少し休憩したら、さっそく「霊の湯」へ。
行くと、タイミングも合ったのか、湯船にはわたし一人でゆったり入浴。
とってもいいお湯で、旅の疲れを癒やすことができました。

お風呂上がりには、仲居さんがお茶と坊ちゃん団子を持ってきてくれます。

ちなみに個室の外はこんな感じで、涼しい風が心地よかったです
道後温泉

坊っちゃんの間と又新殿(又新殿)も見学できます

霊の湯・三階個室のプランでは、「坊っちゃんの間」と「又新殿」(ゆうしんでん、皇室用の浴場)の見学がセットになっています。

こちらは坊っちゃんの間。
夏目漱石の資料が展示されています。

道後温泉・坊っちゃんの間

道後温泉・坊っちゃんの間

道後温泉・坊っちゃんの間

また、皇室専用の浴場である「又新殿」(ゆうしんでん)も見学させていただきました。
ガイドさんがていねいに説明してくださるので、とても分かりやすかったです。

「六時屋」のタルトで癒やされました

道後温泉を出たら、商店街にある「六時屋」というタルト屋さんに行きました。

六時屋さんは一見ふつうのタルト屋さんなのですが、店内のイートインスペースで食べることができます。

わたしは抹茶・タルトセットをいただきました。

六時屋のタルト

タルトの甘さと抹茶の苦味が調和して、とっても美味しかったです。

ちなみに六時屋の食べログはこちら。
六時屋 道後店 – 道後温泉/和菓子 [食べログ]

道後温泉前の商店街には、他にもいろいろなお店があるので、お風呂上がりに散策してみるのも楽しそう。

帰りの電車を待っていると、ちょうど坊っちゃん列車が走ってきたので記念にパチリ。
坊ちゃん列車

坊ちゃん列車

今度は坊っちゃん列車にも乗ってみたいな、と思いました。

あとがき

今回は道後温泉の思い出を書かせていただきました。
とてもいいところなので、機会があれば行ってみてくださいね。
それでは、また!

最後まで読んでいただき本当にありがとうございます!

スポンサーリンク

girlslovin
Author