いつもありがとうございます!

ポップティーンで活躍する前田希美ちゃん(まえのん)♡
でも過去にはつらいイジメ経験があったそう。
ポジティブなまえのんが生まれた秘密に同誌インタビューから迫ります!

―今回のテーマはズバリ、激白です!
「え、アタシ悩みとかないよ(笑)
“ポジティブまえのん”で生きてるからさ」

―とはいえ生きてればいろいろあるじゃん。
「もし落ちてたとしても笑顔でいるほうが元気出て、いいことを引き寄せられるはず。
ネガティブなことって言葉にすると止まらなくなるし、そういうオーラになるでしょ?」

―むかしからそうだったの?
「これ、あんまりいいたくないんだけど…
きょうはなんでも話すってことで特別ね(笑)

じつは中学のとき、めっちゃネガティブで泣き虫だったんだ。
前田希美 まえのん
小6から仕事を始めて地元の中学に進んで、
入学式の時点で雑誌に出てるってウワサで知られてて。
イジメがすぐに始まったの」

―女のコのやっかみ的なかんじ?
「うーん…目の前で雑誌破かれたり、階段から落とされたり。
めっちゃイジメられましたね。

先輩がヤバかった。
呼び出しもあったし、みんなと同じことをしても私だけ目つけられる。
物もすぐなくなって。
掃除ロッカーにポイってあったりして」

前田希美 まえのん

―そりゃネガティブにもなるよね…。
「学校行きたくないと思って気持ちもどんどん下がって。
1人で学校で泣いてた。
友達もいたけど…うわべっぽいかんじだったな」

―モデル・まえのんに寄ってくるかんじ?
「っていうより私も私でけっこうハデなコたちと一緒にいて。
いわゆる学校で目立つグループ?
どこか気つかいつつ合わせてた」

前田希美 まえのん

―でも中学生のころって、目立つグループがステータスだったりするもんね。
「いま思えば1人でもべつにいいじゃんって思うんだけど(笑)」

―それがポジティブに変われたのは?
「中1の冬かな。
初映画でアクションシーンがあったの。
でもぜんぜんできないし覚えられないしで泣いちゃったんだ。

前田希美 まえのん

そしたら母親役の人に、よしよしってかんじで呼び出されたんですよ。
で、また泣いてたら、”現場で2度と泣くなよっ!!”といわれ、もう涙がイッキに止まった(笑)」

前田希美(まえのん)インタビュー後編へ続く♡

最後まで読んでいただき本当にありがとうございます!

スポンサーリンク

girlslovin
Author